闇金 返済不要 理由

闇金は違法金利によって賃貸しを行っている違法業者です。そのため、法律的にはヤミ金融業者から借り入れた借金は元本すら返す必要は不要だと言われています。
キャラ(困惑)

しかしながら、昨今はヤミ金融業者から元々借金返済をするつもり無く借入をして、そのまま行方をくらます『借りパク師』や闇金から暴力的な行為、

もしくは合法的な方法を使って借金を踏み倒す『闇金狩り』というものをする日千人も出てきました。

今回のブログ紀伊では、闇金業者から借りた借金は返済不要であることの法的根拠を押さえた上で、借りパク師や闇金狩りの手口・手法に関する情報をまとめてご紹介していきます。

闇金業者から借りた借金は返済不要である理由

インターネット上の一般人の意見としては、返す必要性について議論がされていることもありますが、法律的な観点から見ると、闇金業者から借りた借金は返済する必要がありません。
キャラ(真面目)

日本においては、利息制限法と出資法という2つの法律によって金利の上限が決められています。

利息制限法を簡単に説明すると、借金総額に応じて年利は15%から20%までと制限されています。

しかし、利息制限法を超えた利息で賃貸しを行ったとしても刑事罰にはならないため、現状でも利息制限法の制限以上で賃貸しを行っている業者が数多く存在します。

その一方で、出資法では年利は最大でも29%までと定められており、それ以上の年利で賃金業を行うと刑事罰として以下のいずれかの罰則が課せられることとなります。

闇金に課せられる罰則
  • 10年以下の懲役
  • 3000万円以下の罰金

そのため、闇金ではない合法の消費者金融や金融機関であれば、少なくとも、出資法で定められている29%以下の金利で賃金業を行っています。

その一方で、出資法で決められている29%以上の年利で賃金業を行っている業者が闇金と呼ばれています。

ヤミ金業者は『トイチ』や『トサン』などという言葉で呼ばれていることから分かるように、10日間だけの借入でも年利10%、30%などの暴利を債務者に対して課しています。

そしてこの点に関して、法律には『クリーンハンズの法律』という原則があり、法律を守っていない違法業者や犯罪者であれば法律によって守られないとする考えになります。

クリーンハンズの原則についてはウィキペディアで詳細な開設を確認することができます。

自ら法を尊重するものだけが、法の救済を受けるという原則で、自ら不法に関与した者には裁判所の救済を与えないという意味である。具体的条文への表れとしては、日本民法130条(条件成就の妨害)、日本民法708条(不法原因給付)がある。

出典:信義誠実の原則
引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/信義誠実の原則

そのため、もしヤミ金業者が債務者と連絡が取れなくなり、取り立て行為が行えなくなったとしても法律によって闇金が助けられることはありません。

したがって、たとえヤミ金業者から借金がある債務者だったとしても借金返済が実質的に不要であると言うことができます。

とは言うものの、闇金は違法業者だからといって元々借金を返済するつもりもなく借り入れたり、暴力的な行為によってヤミ金業者からお金を違法に巻き上げる行為も許されるものではありませんが、こうした行為のことは『闇金狩り』と呼ばれています。

闇金狩りの実態について

闇金狩りには様々な手口・手法があり、中には暴力行為によってヤミ金業者からお金を巻き上げる犯罪まがいの行為をする人々がいます。
キャラ(真面目)

しかし、暴力行為に寄る闇金狩りについては体系的な情報が見当たらなかったため、今回は闇金刈りの中でも『借りパク』と呼ばれる手法についてご紹介していきます。

『闇金狩り』の手法の1つには『借りパク』というものがあり、そうした詐欺的な行為を行う人々のことを『借りパク師』と呼びます。

借りパク師の手口は大きく3つに分けることができます。

借りパク師の3つの手口
  • 家族や仕事先の連絡先を伝えずに借金契約をする
  • 架空名義やプリペイド携帯の電話番号で契約する
  • 闇金からの借金直後に海外へ逃亡する

家族や仕事先の連絡先を伝えずに借金契約をする

キャラ(困惑)

たとえ、借金した債務者当人は逃げおおせたとしても、借金返済が滞るようになると、ヤミ金業者は債務者当人の代わりに、家族や会社に対して嫌がらせや取立行為をするようになります。

そのため、闇金からの借金の事実について認知していない家族や会社に対して大きな迷惑をかけてしまいます。

ですから、『借りパク師』は実家の人間や仕事場の同僚に迷惑をかけないようにするために自分自身の連絡先だけでも借金契約ができるヤミ金業者を選んで借り入れをしています。

架空名義やプリペイド携帯の電話番号で契約する

キャラ(真面目)

住所を変更したとしても、正式な名義や電話番号が抑えられていると、闇金御者はいくらでもネットワークを使って追いかけ続けてきます。

そのため、『借りパク師』はヤミ金業者に対して、正式な個人情報は一切伝えること無く借金契約を取り付けるようにします。

また、プリペイド携帯の電話番号を伝えるだけであれば、そのまま使わないまま放置しても実生活にはほとんど影響がありません。

闇金からの借金直後に海外へ逃亡する

キャラ(真面目)

ヤミ金業者は役所から得られる住所変更の情報などを活用して、夜逃げしたとしても住所を突き止めて追ってきますが、海外にまで逃亡すれば負われる心配はなくなります。

そのため、『借りパク師』の中には、ヤミ金業者から借り入れる前にあらかじめパスポートを取得しておいて、借金をした直後に海外へ逃亡してしまう人もいます。

日本での友人関係や生活をほとんど全て放棄することになってしまいますが、10年以上が経過すれば、闇金の借金取立の権利すら執行するため、それまではひっそりと海外で生活することになります。

このように、『借りパク師』は実に様々な方法によって、ヤミ金業者からの取立から逃れながら借りパクをしていきます。

しかしながら、一度も返済した事実がなく明らかに返済する意思なく借金をしたと判断された場合には、詐欺罪として起訴され、厳罰がくだされてしまう危険性も伴います。

そのため、仕方なく闇金から借金してしまった人がどうしても借金併催をすること無く踏み倒すのであれば可能ですが、明らかにわざと借金を踏み倒すつもりで『借りパク』をしようとはすべきでありません。

詐欺的・違法行為ではなく法律によって闇金対応する

もし、ヤミ金業者だと知らずに借金してしまい、金銭的・精神的に追い詰められている状況であるのであれば、闇金対応を行っている法律事務所に相談して、法律によって問題を解決するようにしましょう。
キャラ(真面目)

たしかに、法律的にはヤミ金業者からの借金は返済する必要がありませんが、警察や弁護士、司法書士の手を借りずに自力で闇金問題を解決することは困難です。

ヤミ金業者は、そもそも違法行為であることを重々承知の上で金貸しを行っている極めて悪質な犯罪者です。

そのため、法律的には借金を踏み倒せることを話したところで、誠実に対応してもらえるとは限りませんし、

それ以降は、過剰な嫌がらせを受けたり、最悪の場合には、暴力行為によってゲイジ事件にまで発展する危険性すらあります。

ですから、ヤミ金業者との借金問題を安全に解決したい場合には、闇金対応を行っている法律事務所に相談するようにして下さい。

キャラ(笑顔)

闇金対応をしている法律相談所については、以下のブログ記事でまとめてご紹介しています。

最後に

今回のブログ記事では、闇金からの借金であれば返済は不要である法的根拠や『闇金狩り』の実態についてご紹介しました。
キャラ(真面目)

ただ、闇金からの借金は返済不要だからといって安易に借りてしまうと、家族や会社に対して多大な迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

ですから、原則的にはヤミ金業者からは借金しないように気をつけましょう。

万が一、闇金からの取り立て行為や嫌がらせによって生活に困っている場合には以下のブログ記事で紹介している闇金対応の法律相談事務所で事情を説明してみましょう。