闇金狩り 借りパク師

漫画『闇金ウシジマ君』では、ヤミ金業者から借金して返済しなかったり、暴力などの違法行為によってお金を非合法的に搾取する『闇金狩り』というもんを行う人々について書かれていました。

こうした『闇金狩り』は通用するのか?本当に存在するのか?といったことについてまとめています。

キャラ(真面目)

漫画『闇金ウシジマ君』はヤミ金業者や債務者からの実際の経験談を元に書かれているもので、大筋は事実に基づいて描かれています。

ヤミ金業者は法律で定められている金利以上で金貸しをしているため、違法行為を働く犯罪者として見なされており、

裁判所はヤミ金業者がなにか不当な行為によって不利益を被ったとしても法律による救済は与えるべきではないという見解を示しています。

そこで、今回のブログ記事では、ヤミ金業者からの借金は合法的に踏み倒すことができる理由や実際に行われている『闇金狩り』の実態についてご紹介していきます。

闇金業者からの借金は合法的に踏み倒すことができる

ヤミ金業者からの取立は債務者当人だけではなく、家族や会社にまで及びます。

そのため、法律的には借金の返済が不要であったとしても実際に借金を踏み倒すためには相当な準備、努力が必要となります。

キャラ(真面目)

日本には賃金業を行っていく上で順守すべき法律が2つ存在します。

そこで、それらの法律を紹介しながら闇金の金利の実態もお伝えしていきます。

日本国内で借金の金利について定められている法律の1つは『利息制限法』というものになります。

利息制限法では、貸し付けている金額によって若干定められている金利は異なりますが、15%から20%の間で貸付が行われるようにと定められています。

『利息制限法』にも法的拘束力はありますが、問題点としては、違反したとしても罰則が存在しないことが挙げられます。

そのため、実質的には形骸化してしまっており、多くの消費者金融や金融機関であっても利息制限法で定められた金利以上で貸付を行っている所がまだ数多く存在します。

そのため、『利息制限法』によって定められている金利で、借金利息の引き直し計算をすることで借金総額の減額や過払い金の請求を行っていく手続きが債務整理の中の『任意整理』というものになります。

キャラ(笑顔)

任意整理の手続きについて詳しく知りたい場合には、コチラのブログ記事で詳しく解説しています。

その一方で、『利息制限法』に加えて、他にも『出資法』という法律によっても賃金業における年利の限度が制限されています。

『出資法』では、年利は29%までと定められており、29パーセント以上の金利で賃金業を営んでいる場合には、以下で示された罰則のいずれかを課されることになります。

闇金に課せられる罰則
  • 10年以下の懲役
  • 3000万円以下の罰金

したがって、闇金ではない一般的な消費者金融、金融機関であれば、多くとも『出資法』で定められている29%以内で年利が設定されています。

しかし、ヤミ金業者の場合にはこれ以上の法外な金利で貸付を行っています。

どれだけ高い金利で貸付が行われているかというと、10日間借りただけで10%から30%もの利息が加算されることになります。

そもそも、闇金から借金をされている方は一般の消費者金融や金融機関からは借り入れができないほど経済的に困窮されている方々がほとんどで、

そうした状況下で、10%から30%もの非常に高い金利で借金をしてしまうと到底完済は難しい状況に陥ってしまいます。

ただし、こういった場合にかぎらず、基本的に闇金から借りた借金であれば無条件で返済が免除されます。

借金返済の義務を負わない法的根拠としては、『クリーンハンズの原則』というものがあります。

キャラ(笑顔)

クリーンハンズの原則についてはウィキペディアで詳細な開設を確認することができます。

自ら法を尊重するものだけが、法の救済を受けるという原則で、自ら不法に関与した者には裁判所の救済を与えないという意味である。具体的条文への表れとしては、日本民法130条(条件成就の妨害)、日本民法708条(不法原因給付)がある。

出典:信義誠実の原則
引用元URL:https://ja.wikipedia.org/wiki/信義誠実の原則

この『クリーンハンズの原則』はどういうことかというと、違法行為を行っている犯罪者は法律によっては守られないということです。

ですから、法律を順守している一般的な消費者金融や金融機関であれば、万が一、債務者の借金返済能力がないと判断された場合には、債務整理によってある程度の権利が保証されますが、

闇金融のように、法外な金利で金貸しを行っている犯罪者の場合には、貸しつけた元本すら返済して貰える権利すら保証されません。

そのため、こうしたヤミ金業者の弱みに付け込んで、もともと謝金を返済するつもり無く借り入れて行方をくらます『借りパク師』という人々が出てくるようになりました。

闇金狩りの手法・手口

闇金は法律を犯した違法行為を行っているため、法律によって基本的な権利が保証されていません。

そのため、暴力行為によって違法に闇金からお金をマギ挙げる『闇金狩り』の標的とされることもあります。

キャラ(真面目)

『闇金狩り』は実際に存在し、ヤミ金業者の天敵となっていますが、『闇金狩り』の手法・手口にはさまざまなものがあります。

しかしながら、暴力的な行為による『闇金狩り』については、なかなかインターネットで検索しても出てこないため、『闇金狩り』の手法・手口の中でも、特にメジャーな『借りパク師』という存在のやり方についてご消化します。

借りパク師の手口は大きく3つに分けることができます。

借りパク師の3つの手口
  • 連絡先を伝える必要のない闇金で借金契約をする
  • プリペイド携帯を契約して使い捨ての電話番号を契約に使う
  • 闇金からの取立が追ってこない辺境の地へ身を隠す

連絡先を伝える必要のない闇金で借金契約をする

キャラ(困惑)

『借りパク師』である債務者当人が行方をくらますことは比較的簡単ですが、問題としては家族や仕事先に対しても取り立て行為が行われてしまうことにあります。

言わずもがな、何の借金もしていないにもかかわらず、借金取り立ての電話や嫌がらせが実家に対して行われていては債務者当人の家族はいたたまれないですし、

仕事先で働いている方にも多大な迷惑をかけてしまい、場合によっては職場での人間関係が悪化して退職することにもなります。

ですから、『借りパク師』は対策として家族や会社の連絡先を教える必要のない闇金からのみ借金を借り入れるようにしています。

プリペイド携帯を契約して使い捨ての電話番号を契約に使う

キャラ(真面目)

闇金への借金返済においては金銭的な負担はもちろんのことですが、精神的にも大きく追いつめられてしまうことになります。

闇金への借金返済が滞ってしまうと四六時中借金を取り立てる電話がかかってくるようになります。

ですから、気が休まる暇がなく、どれだけポジティブな性格の方でも次第に塞ぎこんでしまうことになってしまいます。

そこで、借金の取り立て屋からの電話の嫌がらせを避けるため、プリペイド携帯の使い捨ての電話番号で契約することになります。

闇金からの取立が追ってこない辺境の地へ身を隠す

キャラ(真面目)

闇金は役所などから手に入る書類などによって住所を突き止めて取り立てにやってきますが、

闇金が追い切れないほどの遠い海外へ移住したり、役所が正常に機能しないほど寂れた田舎に身を隠せば借金取りからの取立から逃げることができます。

一番簡単かつ、確実な方法としては海外逃亡という方法があります。

『借りパク師』の中にも借金を借り入れる前の段階にあらかじめパスポートを発行しておいて、闇金から借金するとすぐに遠い海外へ行方をくらましてしまうということがあります。

特に、一般的な借金であっても10年以上の採りたて行為がなかった場合には、借金の債権は執行することになると法律で定められています。

そのため、少なくとも海外で気付かれずに10年以上生活することができれば闇金の借金を踏み倒せます。

闇金の対応に困ったら法律相談所に相談

これから『闇金狩り』や『借りパク』をするつもりでヤミ金業者から借金することは絶対やめるべきですが、

もし既に闇金からの借金に苦しんでいる場合であれば、法律相談所に相談しましょう。

キャラ(真面目)

ヤミ金業者は違法であることを認識した上で金貸しを行っていますが、もし刑事罰が下されると懲役10年、もしくは3000万円以下の罰金が課されるため、

一般的に法律相談所に介入してもらって法的な手段を持ちかければ問題を解決することができます。

ヤミ金業者からの取り立てでは、場合によっては暴力行為が成されることもあり、精神的・肉体的に大きく傷つけられることになります。

ですから、毎年闇金からの取り立て行為によって精神を病んでしまった結果、自殺に追い込まれてしまう人も数多く存在します。

そのため、最悪な事態を防ぐためにも、少しでも債権者がヤミ金業者である疑いを感じた際には、できるだけ早い段階で闇金対応している法律相談所に相談しましょう。

ですから、ヤミ金業者との借金問題を安全に解決したい場合には、闇金対応を行っている法律事務所に相談するようにして下さい。

キャラ(笑顔)

闇金対応をしている法律相談所については、以下のブログ記事でまとめてご紹介しています。

最後に

闇金の借金を合法的、もしくは暴力的な手段によって踏み倒す行為のことを『闇金狩り』と呼び、実際に裏社会では起きています。
キャラ(真面目)

『闇金狩り』をしている人々も犯罪者のようなものですから、決して自分でやってみようなどとは考えないようにしましょう。

また、もし万が一家族や会社に迷惑をかける事になれば、絶縁や失業といった状況も招きかねません。

もし万が一、闇金からの嫌がらせなどによって生活に支障が出ているようであれば、闇金対応している法律相談所にできるだけ早い段階で相談しましょう。

キャラ(笑顔)

闇金対応をしている法律相談所に関してはこちらのブログ記事でまとめてご紹介しています。